宗教ニュース

9.11アメリカ同時多発テロから9年目となった9月11日にアメリカフロリダ州にあるキリスト教音派の教会が、イスラム教の聖典コーランの焼却を計画していたことが問題になりましたが、改めて焼却の中止を発表しました。この教会でのコーラン焼却計画はイスラム教徒らによって反発を招く結果となり、欧米諸国やアフガニスタンに駐留している各国軍に対して一斉攻撃を誘発する可能性があるとして国際的にとても大きな懸念と批判が広がっていました。

この事件に関してバラク・オバマアメリカ大統領はホワイトハウスで会見し、アメリカ軍に十四時手いるイスラム教徒の国民に対して敬意を表し、アメリカに住むイスラム教徒を擁護しました。真の敵は国際テロ組織アルカイダをはじめとしたテロリストであり、イスラム教徒全体ではないということを見失ってはいけない、アメリカ国民同士が敵対してはいけない、信仰する神は違えど私たちはひとつの国であると国民に呼びかけました。